初めてのソロキャンプ~道具選びのポイント~【初心者必見】

えと
えと

こんにちは!
管理人の『えと』と申します。
当サイトでは「アウトドア情報とレビュー記事」をメインに運営しております。
どうぞごゆっくりお楽しみください。

こんな人に読んでほしい!

✅ソロキャンプ初心者
✅キャンプ道具購入で失敗したくない
✅どういう基準でキャンプ道具を選べばいいかわからない

必要なキャンプ道具はテント・チェア・シュラフなどある程度はわかると思いますのでこの記事ではキャンプ道具の選び方のポイントを要点を絞ってご解説したいと思います。

結論から言うと

信頼できるアウトドアメーカーの道具を買う
✅軽量かつコンパクトなものを選ぶ

この2つの軸で選ぶと失敗は少なくて済みます。

それではいきますよ!!

信頼できるアウトドアメーカーの道具を買う

ファミリーキャンプ・グループキャンプ・BBQなど子供のころから何度も経験していたのである程度道具の知識はありました。

数年前からまたキャンプ熱が再燃しソロキャンプするためのコンパクトなキャンプ道具をAmazonでポチポチしたまではいいのですが欲しいものがいっぱいありすぎて中華製の激安アイテムをたくさん購入してしまいました。

今でも使える物もあるし決して中華製が悪いということではありません!!

ただ、残念ながら買い替えが必要になってしまう傾向が強いです。

買い替えのパターン

✅すぐに壊れて買い換え
✅カッコいいものが欲しくて買い換え

「大失敗した!くそー!」とは思いませんが初めから信頼できるアウトドアメーカーの物を選んでいればもっとたくさん買えていたと心の中で思ったりしています。

もちろん、「どんなものか試しに中華製を買う」とか「使う頻度少ないから中華製を買う」って人を無理やり引き留めるつもりはありません。

とは言いつつもアウトドアメーカーの物って高いしそんなにお金かけれないと思います。

私の経験を元に具体例をまじえてまとめてみたので参考にしてみてください。

お金をかけるべき道具

✅使用頻度が高い
✅露出度が高い(ばえる)

例)

私は毎回必ず焚き火台でお湯を沸かしながらコーヒーミルを使って挽きたてのコーヒーを淹れるのを楽しんでいます。

始めは焚き火台もコーヒーミルも激安の中華製を使っていましたが使用頻度が多いせいか半年もしないうちに金属が部分が曲がるなどの不具合が出て買い替えることになりました。

ここで言えるのはキャンプでよく使う物は人それぞれでお金をかけるべき道具は人によって様々だということです。

お金をかけなくてもよい道具

✅使用頻度が低い
✅露出度が低い

例)

グランドシート(テントの下に敷くシート)なんかは特にお金をかけなくてもよいと感じます。

専用のグランドシートはサイズがぴったりというメリットはありますがなんといっても値段が高いです(汗)

それと比べてユタカのグランドシートは安くて色も良い感じです。

【参考までにリンク貼っておきます】

デイキャンプの際はテントを張らなくてもポールさえあればタープにもなります。

View this post on Instagram

12/9~12/12 ⛺3日目 ついに魔法が解けました💦 シンデレラの馬車がカボチャになったように、私のテントは・・・ もはや軍幕でもありません。ブルーシートです🤣 今回はZUNIで完結するつもりで来たのと、かさばる荷物が多かったために余計な物(と思われる物はポールでさえも)一切積んで来ませんでした。 ところが2日目の日中はあまりにも天気が良く、気温は15℃まで上がり結露だらけだったZUNIもしっかり乾燥出来ました。 明日の予報はAM11時頃から雨という事もあり、思い切って撤収してしまいました。 普通なら、今回はこれで帰ろうとなるところですが、やっぱりもう1泊したいと思っちゃうんですよね~😂 でも代わりのテントもポールも無い。ポールは森から木を拾ってくればなんとかなるにしても・・・ ありました!ブルーシートが!! ポールは手っ取り早く、ZUNIのキャノピー用のポールを短く使って・・・ おおっ、いい感じじゃありませんか~っ!🤣 こっちの方がしっくり来るのは気のせいでしょうか⁉️ ・ ・ 朝は晴れて良い天気だったのですが、7時過ぎには雨が降ってきました💦 庇がない分、雨には弱いと思っていましたが半分近く吹き込んで濡れてしまいました😅 それでも雨の中、意地で雑炊作って食べコーヒー飲みましたが🤣 #キャンプ#ソロキャンプ #アウトドア#外遊び #ユタカシート #naturetones#ネイチャートーンズ #ワンハンドソロテーブル #トランギア#ケトル #SOTO#ST310 #武井バーナー #武井バーナー501 #パープルストーブ #フュアハンドランタン #ナンガ#NANGA#山渓 #オーロラ750DX #平筒沼 広がれ#キャンプゴミ0

A post shared by makomako0203 (@makomako.0203) on

つまり何が言いたいかというと(決してリンクからユタカのシートを買ってくださいとかじゃありません(笑))

安くても利便性の高い物もあるということです。

軽量かつコンパクトなものを選ぶ

キャンプ道具はリュックに入れるもしくは車やバイクに積載して移動することがほとんどだと思います。

カッコよくて便利で使いやすくても重くてかさばる道具はソロキャンプではなかなか活躍できないのが現実です。

私のコールマンのガソリン式ツーバーナーがまさにそうです。

ソロキャンプするためにわざわざこんなの買う人はいないと思いますが大げさに言うとこういうことです。

たとえめちゃくちゃくつろげるチェアでも大きくて重たいものは結局ソロキャンプでは使わなくなってしまいます。

結構重要なのでもう一度言っておきます。

キャンプ道具は軽量かつコンパクトなものを選ぶ!!

アウトドアメーカー

選んでおけば間違いないアウトドアメーカーをピックアップしてリスト化してみました。

「価格」「クオリティ」はあくまで私のイメージですので参考までに!

メーカー価格クオリティアイテム
キャプテンスタッグ全般
DOD☆☆☆☆全般
ロゴス☆☆☆☆☆☆全般
コールマン☆☆☆☆☆☆☆☆全般
スノーピーク☆☆☆☆☆☆☆☆全般
SOTO☆☆☆☆☆☆バーナー等

ここまで作ったところで【ナチュラム】というアウトドア用品のサイトを思い出したので参考リンクを張っておきます。

【アウトドア&スポーツ ナチュラム】

ここでの購入実績もありますし失敗したことはないので信頼度は高く間違いはないです。

まとめ

繰り返しになりますが重要なのでもう一度お伝えしておきます。

「信頼できるアウトドアメーカーの軽量かつコンパクトなキャンプ道具を選ぶ」

私のように結局同じものを何度も買い無駄なことにならないようにみなさまのお役に立てれば幸いです。

無駄だとは思ってないけどね(笑)

はい、強がってすみません。

最後までご覧いただきありがとうございました。