チタン製品を焼入れする方法〜マグカップとペグ編〜【DIY】

2020年8月23日

えと
えと

EtoBlog~Fun Outdoor~へようこそ!!
管理人の『えと』と申します。
当サイトでは「アウトドア情報・レビュー記事」をメインに運営しております。
どうぞごゆっくりお楽しみください。

最近、チタン製品の魅力に取りとりつかれておりましてあらゆるキャンプ道具のチタン化をしております。

チタン製品の魅力は、軽いことや強度が高いことなどありますが熱を加えることによりできるいわゆる「チタンブルー」が最高に美しい!!

チタン製品の魅力

✅軽い
✅熱に強い
✅サビにくい
✅強度が高い
✅アレルギーが起こりにくい
✅チタンブルーが美しすぎる

ということで今回はチタン製品を焼入れする方法をご紹介したいといもいます。

チタン焼入れの魅力

チタン焼入れしてできるチタンブルーの

「茶→紫→青→紫→茶」

このグラデーションがすごくきれいじゃないですか?

さらに、焼入れ加減や焼入れする範囲が同じものは存在しないので世界にたったひとつのマイアイテムとして愛着が湧きます。

誰でも簡単に綺麗なチタンブルーにすることができるのでぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

チタン焼入れの準備

必要なものをまとめました。

準備品

✅トーチまたはバーナー
✅パーツクリーナーまたは中性洗剤
✅ウエスまたは雑巾(油などが付いていないもの)

チタン焼入れの手順

【動画版はこちらから⇩】

今回焼入れするチタン製品はこちらの2つです!

ユニフレーム 食器 マグカップ スタッキングマグ500チタン 666111

Soomloom ペグ チタン製 固定ロープ付き テント用 タープ用20㎝ 4本セット/8本セット (20㎝ 8本セット)

どちらもチタン製品にしては格安なのでチェックしてみてくださいね♪

それでは本題いきます!

やることはたったの3作業です。

①パーツクリーナーで焼入れする部分の油分を落とす

②ウエスでしっかり拭き取る

③変色するまでトーチであぶる

完成!!

このように誰でも簡単にチタン焼入れで「チタンブルー」にカスタマイズすることができます。

注意点

注意点を2つだけお伝えしておきます。

気をつけること

①油分を落としたら素手で触らないこと!!
人間の皮脂が付いてるとムラになりやすいです。
②熱をかけすぎないこと!!
チタンが青くなってるのに熱を加え続けると白っぽくなってしまいます。

この2つだけ注意してみてください。

※火傷に十分注意して作業してください

まとめ

いかがでしたか?

最後までご覧いただきありがとうございました。