キャンプにおすすめの手斧 ハルタフォース「オールラウンド」レビュー

2021年7月5日

えと
えと

アウトドア情報「えとブログ」へようこそ!!
管理人のえと(@etoblog)と申します。
当サイトでは「アウトドア情報・レビュー記事」をメインに運営しております。
どうぞごゆっくりお楽しみください。

キャンプでの醍醐味である焚き火を楽しむために必要な薪割り。

その薪割りに必要なのがアイテム「手斧」です。

自分はおばあちゃんちにあった古い斧をリメイクして使用してたんですが前回のキャンプで壊れてしまいました。

自分で手をかけてリメイクしたこともあり愛着があったのでかなりショックです。

【古錆びた斧からのリメイク】

【塗装が剥がれたので黒さび加工に変更】

そこで新しく購入したハルタフォースの「オールラウンド」をレビューしてみたいと思います。

購入するか迷ってる人には参考になると思いますのでぜひ最後まで読み進めてみてください。

created by Rinker
Hultafors(ハルタホース)
¥9,196 (2021/07/30 15:42:42時点 Amazon調べ-詳細)

ハルタフォースとは

1883年スウェーデンで生まれた有名な工具メーカー。

アックスヘッド(斧頭)には良質な鋼材を柄(持ち手)には北アメリカ原産クルミ科のヒッコリーという木が使用されています。

オールラウンドのスペックとクチコミ

長さ44cm
重さ1010g
生産国スウェーデン

【カスタマーレビュー星5つ中4.5】

評価 :4.5/5。

★★★★

ハスクバーナで良いかなと考えてた所、ヘッドはスカウトと同じで柄が少し長いこちらの商品を知りました。少しでも軽く小さくならスカウトですが、柄が長い方が遠心力でヘッドスピードが上がって割るのが楽になるかなと思い購入。商品到着時の刃の研ぎは粗めですが、デリケートに扱うような物じゃ無いので使って刃こぼれしたら研ぎ直せばいいと思います。キャンプの焚き火の時に使う位ですが、使って良し、見て良しで購入して良かったです。

★★★★

結論から言えば、「斧は長いほうがいい」。当然、一回り小さいスカウトのほうが持ち運ぶのにはいい。スカウトとの差は6センチ。しかしこの6センチが大きい。なぜなら6センチといえば一般男性の手の平横サイズの8割方。その分、長いこの柄のおかげで両手でしっかり持てて、かつ遠心力を活かせるので、薪割りの威力が違う。持ち手が短いものに力を込めるのは、それだけ体に近くなるので怪我などのリスクも増える。片手斧で割れる薪なら、もはやナタでもまかなえる。せっかく斧を使うなら、それはナタやナイフなどでは太刀打ちできない薪であり、やはりそれなりに大きいサイズを選ぶべきだと学んだ。(抜粋)

Amazonより引用

オールラウンド 選んだ理由

まずは予算10,000円くらいで実用的でカッコいい手斧をネットで片っ端から探しました。

created by Rinker
Hultafors(ハルタホース)
¥9,196 (2021/07/30 15:42:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ハスクバーナ・ゼノア
¥7,010 (2021/07/30 15:42:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ベアボーンズ(Barebones)
¥7,700 (2021/07/30 15:42:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Morakniv(モーラナイフ)
¥6,600 (2021/07/30 15:42:45時点 Amazon調べ-詳細)

以上の5つに絞り悩みに悩んだ末に最終的にハルタフォースの「オールラウンド」にしました。

理由としては、

オシャレな斧よりもやっぱり無骨でかっこいい斧に魅力を感じた。

✅ハスクバーナを持っている知人が何人もいたので被りたくないと思った。

✅クチコミにもたくさん書かれていましたが44cmという少し長めのサイズ感に魅力を感じた。

レビュー

斧頭について

刃先は鋭くて箱出しですぐ使用できそうな感じです。

パラコードを巻いてネックガードを作ったので保護のためのシースが少しキツくなってしまい、刃先に革が擦れた跡がうっすらと2箇所についてしまいました。

これが原因で刃こぼれするということはないと思いますがネックガードをつけるなら革のシースを作るなりの対策が必要と感じました。

シースに関してはしばらく様子を見たいと思います。

柄について

柄の部分はヒッコリーという木が使われており、とても硬くて衝撃に強いというのが特徴のようです。

表面に塗膜を作らないオイルフィニッシュなのでナチュラルな木の感じがすごく気に入ってます。

持った感じは表面が少しざらっとしていて手袋をしていても滑るということはありませんでした。

ざらっと感よりツルツルの方が好みの場合は細かめのサンドペーパーなどで磨いてツルツル仕様にしている方もいるみたいです。

メンテナンスとして定期的にアマニ油やエゴマ油を薄く塗っておくと表面の保護・耐久性・撥水性・防虫などの効果があります。

使用感

今まで使っていた斧だったら絶対割れそうにない、こんな太い薪(広葉樹)でも真っ二つに割ることができました。

割ってるうちにだんだん慣れてきて100%で振り下ろして一撃で割ることに成功!!

これぞ薪割りって感じがしました(笑)

刃先は鋭いのでブッシュクラフトにも最適!?

斧一本で山に入って野営するの憧れますよね。

片手で扱うこともさほど難しくないので焚き付け用のフェザースティックも作れそうな感じです。

ハルタファースの主な種類

長さ重さ
オーゲルファン235mm775g
フルトンハチェット375mm805g
スカウト380mm900g
オールラウンド440mm1,010g
ヤンキー70700mm1,500g
イーケルン900mm1,210g

ハルタフォースのブランド・デザイン性が気に入ったらいろんなサイズのものがあるので自分に合ったサイズのものを選んでみてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回はハルタフォース「オールラウンド」のレビュー記事を執筆しました。

現時点では買って良かったと思い大満足しています。

しばらく使用してみてまた気づいた点などがあれば追記したいと思います。

購入の参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

created by Rinker
Hultafors(ハルタホース)
¥9,196 (2021/07/30 15:42:46時点 Amazon調べ-詳細)

ブログやツイッターでアウトドア関連の情報を発信していますのでよろしければツイッターのフォローもよろしくお願いします。